作曲の基本を勉強するための オススメ教材1

シェアする

作曲ですね。
とうてい軽々しく語れる内容ではないのですが、僕は作曲に関して結構こだわりがありまして、誰かの役に立てばいいなと思って、こだわりポイントや参考図書をご紹介していけたらと思っています。
IMG_5937
和声 理論と実習 Ⅰ
まずはこちらですね。
Ⅰ~Ⅲまでありますので、3冊ともご紹介します。

なんか、見た目からして難しそう。。。
はい、かたーい内容の理論書です。
東京芸術大学をはじめ、音大の学生が教科書として使っている教材になります。
僕は高校のころに3冊とも勉強しました。大学でも授業で教材になったので、2周しました。

内容はクラシックとされており、当時はそう思って読んでましたが、個人的に決してクラシックに限定した内容ではないと思っています。
ジャズやPOPSをはじめとし、オールジャンルに応用できる内容です。
下のようなふざけた曲を作る時もww、基礎はここにあると感じます。
【初音ミク】LOVEだ不定数【オリジナル投稿動画】
【初音ミク】たまごのうた【オリジナル投稿動画】

↓本書の目次はこんな感じ
——————-
【目次】
第1章 予備知識
第2章 基本位置3和音の配置
第3章 基本位置3和音の連結
第4章 和音設定の原理
第5章 各種の調
第6章 3和音の第1転回位置
第7章 3和音の第2転回位置
第8章 Ⅴ7の和音
第9章 Ⅴ9の和音
第10章 D諸和音の総括
——————-

ハードル高そう。。。と思われる人も多いかもですが、
安心してください。
初級ですよ。
「和音」とたくさん出てきますが、「コード」と読みかえてみてください。
同じ意味なのでどっちでもよいです。
「第1転回位置」「第2転回位置」は、要するにオンコードですね。C/EとかC/Gみたいな。
「Ⅴ7」「Ⅴ9」っていうのは、Cキーの曲中で出てくるG7、G9ってこと。
そんなに難しくないでしょ?

で、
重要!なのは、なぜこの教材が良いかということ。
それは
「横の流れがよく分かるぜ!」by.cojito
という点です。
この教材での「和声」の定義は、「機能和声」とされています。
単なる「コード」ではなく、「機能するコード」なんです。
機能するとか「作用する」とか「働きかける」って感じでしょうか。

「横の流れ」が学べる教材は、僕はあとにも先にもこの教材がベストだと思っています。
いかに「縦」を語る本が多い事か。。。
無神経に平気で平行5度とか連続5とか8とか使う曲やアレンジ、演奏が多いことか。
IMG_5938
そーいうのは狙ってやってちょうだい♡
「横」の動き意識してちょうだい♡

なんとなく耳に心地のいい響きで作っていくのも楽しいし、そういう曲もあふれてますけど、
なにか「こだわり」や専門性を持って作曲していきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。
曲作りに対して、そういう切り口があることを知るだけでも勉強になると思います。

では。